マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

企業へのサイバー攻撃の最新事情、中国には“会社員”ハッカー集団も

2020年3月2日 7:00

海外からのサイバー攻撃を受けた三菱電機(写真:時事通信フォト)
海外からのサイバー攻撃を受けた三菱電機(写真:時事通信フォト)

 1月下旬、三菱電機が海外からサイバー攻撃を受けて、従業員など約8000人分の個人情報が流出したことがわかった。ITジャーナリストの三上洋さんは、「ここ数年で最も衝撃的なセキュリティー被害です」と指摘する。

「社員の個人情報だけでなく、研究開発中の防衛装備品に関する機密情報まで外部に漏れた疑いがあります。日本の国防を担い、『日本最強』と目される三菱電機のセキュリティーが突破されたインパクトはかなりのものです」

 サイバー攻撃を仕掛けたのは、「Tick」と呼ばれる中国系のハッカー集団など複数のグループとみられる。

「2008年頃から活動を始めた彼らはアジアの企業や政府組織を標的にしている。ほかの国も諜報活動は行いますが、特に中国や北朝鮮、ロシアは国ぐるみで他国の機密や政治家、官公庁の情報を盗もうと躍起になっています。国ぐるみのハッカー集団は潤沢な予算があり、普通の会社員のように(午前)9時~(午後)5時で勤務しているようです」(三上さん)

 専門家は「今回の事件は氷山の一角」と口を揃える。国際ジャーナリストの山田敏弘さんが指摘する。

「今回の件は朝日新聞のスクープで明らかになりましたが、サイバー攻撃を受けた企業は株価の下落や信用問題を恐れて、当局には報告するものの一般には公表しないケースが多い。私が取材した海外のサイバーセキュリティー関係者は、“三菱電機のような日本を代表する大企業は、軒並みサイバー攻撃を受けているはず”と口々に指摘します」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。