マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

私道封鎖問題 専門家が提案する「時間がかかる」解決策

2020年3月9日 15:00 週刊ポスト

 合意がない場合、通行による日常生活の便宜を法的に保護される人格上の権利と考え、その妨害の排除を裁判上求めることも検討できますが、所有権の行使を違法な行為といえるか疑問です。遠回りは不便ですが、他人の土地を使った近道が使用できなくなった、と諦めるしかないようです。

 ただし、市の買い上げ申し出からは、当該通路の公共的必要性が高いことがうかがえます。憲法上「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いる」ことができます。行政は議会の議決を経て、道路の路線を認定し、道路敷地の買い上げに応じない土地所有者から、公正な補償を行なって土地を収用し、誰もが堂々と歩ける道路を完成すべきだと思います。時間はかかりますが、これが王道でしょう。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2020年3月13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。