マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

巧妙化する悪質な健康医療サイト 怪しい情報はどう見分けるか

2020年4月8日 16:00

健康や医療について知りたいとき、人は何に頼りがちか?
健康や医療について知りたいとき、人は何に頼りがちか?

 総務省の調べによると、医療や健康にまつわる情報を収集しようとする人の、実に75%以上がインターネットの検索サイトを使っている。が、ネットの世界は玉石混淆。なかには根拠に欠けるものや、怪しい商品の広告に誘導するためのものも少なくない。そうした怪しい情報に惑わされないためにどうしたらいいか。専門家に聞いた。

 人は病気でわからないことがあったときに、インターネットの検索サイトに頼ってしまうことが多い、と島根大学医学部臨床研究センターの大野智さんは言う。

「不安な気持ちを抱えているときに、気になる症状をネットで検索し、そこに書かれていることを読んで、さらに不安を大きくしてしまうようなことがままあります」

 問題なのは、「××を食べるとがんが消える」といった、医学的根拠のないものや悪質なデマが書かれたサイトだ。それらによって人は混乱し、悪い方向に導かれ、高額商品を買わされるなどの詐欺に遭ってしまうこともある、と内科医の名取宏さんも警鐘を鳴らす。

「だます側は巧妙になっています。医学レポートを引用するなどして、さも医学的に立証されているように見せたりしているので、医学知識の乏しい人が見抜くのは難しくなっています」(名取さん)

 怪しい医療サイトはどこで見分けたらよいのか。

検索の仕方で得られる情報は全く異なる

 ひと口に医療情報といっても、2種類に分けられる。厚生労働省や公的な研究機関が発信する「一次情報」と、それらを基にして新聞や雑誌などが発信する「二次情報」だ。

「二次情報」には個人のブログなども含まれる。仮に医師が出典を明記して綴ったものであっても、個人が一次情報をもとに発信したものは「二次情報」と呼ばれる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。