マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

アパグループ代表、中国人含む訪日客激減でも強気姿勢の理由

2020年4月13日 7:00

アパグループ代表の元谷外志雄氏はインバウンド減少をどう捉えるか
アパグループ代表の元谷外志雄氏はインバウンド減少をどう捉えるか

 コロナ禍で国内外の往来が途絶えても、ブランドを守るべく、赤字でも営業を止めることは考えていないというアパホテル。同ホテルはこのたび全国10万室を達成した。創業オーナーでアパグループ代表の元谷外志雄氏に、今後の経営戦略を聞いた。

──強気の経営戦略の一方で、海外からの訪日観光客は激減している。大きな痛手では?

元谷:確かにインバウンドはコロナショックで大きく落ち込みましたが、終息すればまた持ち直すと見ています。

 私は世界82か国に行っていますが、日本ほど治安が良く、清潔で食事が美味しい国はありません。加えて四季折々の自然といった観光資源も豊富にある。五輪の効果は一過性に過ぎない。そんなものに頼らなくても、今後、日本で観光業が栄えないわけがありません。

──元谷代表は厳しく中国を批判していることでも知られますが、その影響は?

元谷:まったく気にしていません。日本全体で見れば確かに中国からの観光客が一番多い。しかし、私は欧米志向です。

 当社で客単価が最も高いのはアメリカからのお客様で、次いでヨーロッパ。中国・韓国のお客様とは違い、平均宿泊日数が長く、3日から5日くらい滞在してくれます。

 そもそも、中国本土からは、パソコンやスマホでアパホテルに予約を入れようとしてもできないし、検索でヒットさえしません。「南京大虐殺を否定する書物をアパホテルの客室に置いているのはけしからん」と中国から批判を浴びても、私が撤去を拒んだからです。

 それでも当社にとっては痛くも痒くもない。単価の安い中国からの団体客がゼロでも、中国の富裕層は日本に来てからアパホテルを指名してくれるからです。

 もうひとつ、当ホテルには日本のビジネスマンを中心に1800万人もの累積会員がいます。ポイントによるキャッシュバックシステムが強く支持されている。観光客やインバウンド頼みではありません。

【PROFILE】もとや・としお/1943年、石川県生まれ。1971年、信金開発(現アパグループ)を創業。1984年にホテル事業を開始し、日本最大のホテルネットワークに成長させた。

●聞き手/河野圭祐

※週刊ポスト2020年4月17日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。