マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

引っ越し先探しで知っておきたい不動産屋の物件紹介の順番

2020年4月9日 16:00

焦って契約すると後悔することも?(イメージ)
焦って契約すると後悔することも?(イメージ)

 4月は1年で最も引っ越しが多いシーズン。部屋探しをする時は、不動産屋が紹介する物件をいくつか見て、その中から決めるパターンが王道だが、その「内見する順番」が最終的に選ぶ物件を左右することも少なくない。不動産業界で20年以上働くYさん(40代)が、自身が紹介する際の物件の回り方のパターンについて、こっそり明かしてくれた。

「典型的な例で言うと、1件目は、お客様が希望する予算よりも高い、広くてキレイな物件に案内します。そこでまず、『こんな部屋に住めたら良いなぁ』という夢を抱かせます。2件目では予算の範囲内の物件を紹介します。そこでお客様には、『あなたの予算ではこの程度です』と、理想と現実の間にはギャップがあることを知って頂きます。そして3件目で、予算よりやや高いものの、希望に近い物件に案内します」(Yさん)

 Yさんによると、この流れで紹介する場合、3件目で決まるケースが多いという。不動産屋にしてみれば、少しでも家賃の高い物件の契約がまとまれば、手元に入る手数料が増えるというからくりだ。

 一方、都内の不動産会社で働く傍ら、宅建の資格取得講座の講師も務めるSさん(30代男性)のやり方はこうだ。

「1件目は、予算内ではあるものの、『ここは無いな』というような、古めの物件に案内します。2件目も似たような部屋か、少しだけマシな物件に案内します。そして3件目で、予算や広さ、築年数などがお客様の希望に可能な限り近い物件に案内します。

 そんな面倒なことをするぐらいなら、最初から3件目だけを見せれば良さそうなものですが、人はいきなり希望が叶うと『もっと良い部屋があるかも』と思ってしまうものです。ですから、お客様を絶対に逃さないように、このような慎重な方法を取るのです」(Sさん)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。