マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

休業、自宅待機、異動… コロナに翻弄される会社員たちの苦悩

2020年4月20日 16:00

先が見えない状況に苦悩する会社員たちの声(イメージ)
先が見えない状況に苦悩する会社員たちの声(イメージ)

 飲食店の休業、リモートワークの導入、企業倒産……。新型コロナウイルスの流行は、企業や会社員の生活にも大きな影響を及ぼしている。全国に「緊急事態宣言」が発令されるほどの未曾有の危機が到来し、休業や自宅待機を余儀なくされた会社員に、その変化と実情を聞いた。

 30代の女性・Aさんが勤める小売チェーンでは、緊急事態宣言を受け、全店舗の営業を休止することが決定。事務職の社員も、どうしても出社が必要な業務を除き、5月初旬まで在宅勤務、または自宅待機となった。

「社員向けのネットワークに同時接続出来る人数に制限があるなど、リモートワークの環境が全く整っていなくて、全員ろくに仕事ができていません。会社からは、外出を自粛して、自己研鑽をして欲しいという案内のみ。営業休止中の1か月分の給料は保証すると約束されましたが、その後はどうなるか分からない。不安が募って転職を考える人も出てきています」(Aさん)

 仕事がなくなることへの不安を感じる一方、社内では予想外の反応も見られたという。

「もともと感染リスクを軽減するためにリモートワークを推奨する企業が多い中、毎日電車で通勤することに不安がありました。会社として出社時間をずらすなどの対応もなく、危機管理対策も不十分。そのような心配もあったことから、同僚には『もう職場に行かなくて済む』と安堵する声も多かったです」

 会社でリモートワークが推奨される中、事実上の「開店休業状態」となったのは、飲料メーカーで卸業者を担当する営業マンの30代男性・Bさん。本来であれば繁忙期である時期にもかかわらず、売上は例年の2割ほどに落ち込んでいると明かす。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。