マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定期預金の積み立てでiDeCoを活用する大きなメリット

2020年5月5日 11:00

 一方、iDeCoを使うと利子は同額だが、掛け金が毎年所得控除となって年末調整で還付される上に、翌年の住民税も安くなり、10年間での節税額は約50万円となる。どちらが得か一目瞭然だろう。

 若い人向けという印象のあるiDeCoだが、50代から始めても十分にメリットがあるのだ。

 ただし、毎月の積立額の上限は、会社員なら勤め先の企業年金の有無などで異なるため確認が必要だ。また、一度始めたら原則60歳まで引き出せないので、毎月の掛け金の額などは慎重に検討したい。まさに、時間に余裕のあるタイミングで計画を練るべきものだ

※週刊ポスト2020年5月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。