マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

英国のEU離脱 為替相場への影響はプラザ合意に匹敵か

2016年6月23日 14:00

「この30年の間、為替相場に大きな影響を与えた事件を振り返ると、まず1980年代のプラザ合意(1985年)、ブラックマンデー(1987年)。1990年代に入っても、イラクのクェート侵攻(1990年)、湾岸戦争勃発(1990年)、ゴルバチョフ氏誘拐(1991年)、BOE(イングランド銀行)とジョージ・ソロスの対決(1992年)、アジア通貨危機(1997年)、LTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)の破綻(1998年)など、大きな事件は頻発しています。

 2000年代は、9.11米同時多発テロ(2001年)、イラク戦争勃発(2003年)、フセイン大統領拘束(2003年)と続き、その後も、欧州憲法批准に関してフランスが国民投票で拒否(2005年)、リーマン・ショック(2008年)、東日本大震災(2011年)、スイス・ショック(2015年)などが印象に残っています」(水上氏。以下、「」内同)

 特に直近の例では、昨年のスイス・ショックにおいて、瞬間的に為替レートが大きく変動した。スイス国立銀行はフラン高を抑えるため、ユーロ買い、スイスフラン売りの介入を無制限に行っていたが、2015年1月に急遽、市場への介入を辞めたことにより、スイスフランが高騰したのだ。

「この時は、ほんの数秒で円に対してスイスフランが約50円も高くなった(1スイスフラン=114円が、160円まで高騰)ので、関係者の間でもレートが消えた(銀行間でも取引ができなくなる事態)と混乱していました」

 それでは、今回の英国国民投票のケースで為替相場にはどれほどの影響があるのだろうか。水上氏は「瞬間的に為替レートが変動する可能性は否定できない」という。

「英国のEU離脱が決定すれば、1ポンド=120円台まで円高に進む可能性もあるでしょう。発表の翌日、約20円の円高になったプラザ合意と変動幅は近いかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。