マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

お店にはない味わい! コンビニ「冷やしピリ辛肉そば」を食べ比べ

2020年5月10日 15:00

左からローソン『冷しピリ辛牛肉そば』、ファミリーマート『ねぎチャーシューの冷しピリ辛まぜ蕎麦』
左からローソン『冷しピリ辛牛肉そば』、ファミリーマート『ねぎチャーシューの冷しピリ辛まぜ蕎麦』

 外出自粛期間が続く中、気温もどんどん上昇し、そろそろ冷たい「そば」でも食べたくなる季節。コンビニのそばのラインナップも、徐々に充実し始めている。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「毎年春先くらいから、コンビニ各社の冷たい蕎麦メニューが増えてきます。ざるそば、冷やしたぬきなどの定番はもちろんですが、今年はローソンとファミリーマートがともに“冷やしピリ辛肉そば”を販売しています」

 そこで、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが、ローソンとファミリーマートの“冷やしピリ辛肉そば”を実食比較した。

ローソンの『冷しピリ辛牛肉そば』は刺激的

ローソン『冷しピリ辛牛肉そば』
ローソン『冷しピリ辛牛肉そば』

 ローソンが販売中しているのは、『冷しピリ辛牛肉そば』(461円、税別、以下同)だ。1包装あたりのカロリーは466kcal。甘く煮た牛肉と玉ねぎがトッピングされたそばを、めんつゆと特製辛味だれで食べる一品だ。

「めんつゆは出汁っぽさが強くて、とても“和食”なイメージ。しかし、辛味だれは唐辛子的な辛さに加えて、痺れがくるタイプの辛さもあって、刺激的です。牛肉と玉ねぎは甘い味付けで、牛丼の具材に近く、馴染みがある味わいになっています」(記者A・以下同)

 めんつゆの味と、辛味だれの味を別々に楽しむと、より一層この『冷しピリ辛牛肉そば』を堪能できるという。

「辛味だれが結構パンチがある味をしているので、刺激がほしいなら、たれを多めにとって食べるのがおすすめ。間違いなく、通常のそばとは異なる味を楽しめると思います。

 ちなみに私は最終的に辛味だれを全体に混ぜて食べたんですが、牛肉と玉ねぎの甘みもあいまって、かなりマイルドなイメージになります。これはこれでとても食べやすくておいしい。そういう意味では、最初は辛味だれ多めで食べつつ、徐々に全体を混ぜていくと、味の変化を楽しめると思います」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。