マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

外出自粛で「スマホ離れ」する人たち 在宅ならPC・タブレットで十分?

2020年5月13日 15:00 マネーポストWEB

 そんなBさんは大型画面に慣れると、「もうスマホには戻れない」と話す。部屋にWi-Fiを導入したことも大きかったという。

「一人暮らしで固定回線をひくのはもったいないと思っていたのですが、在宅勤務が背中を押してくれました。逆にスマホの通信料金がかなり減ったので、プランを変更。タブレットで動画や漫画を見るようになりましたが、スマホとは世界が違いますね。家にずっといる分にはもうタブレットでいい気がします。10万円の給付金で新しいスマホを買う予定でしたが、もう1台タブレットを買おうと思っているほどです」(Bさん)

 一方で、自らの意志でスマホから距離を置いたというのは、20代の女性会社員・Cさんだ。

「コロナの関連情報が気になって、仕事中でも気が付けばスマホを手に取ってSNSばかり見てしまう。すると、どうしてもネガティブな情報に目が行ってしまい不安になります。また、自粛していない人の情報を見ると怒りがこみあがってくる。感情の浮き沈みが激しくなるので、できるだけスマホから距離を置いています」

 仕事以外でも自宅にいることが多いいま、スマホをできるだけ見ないことで、メンタル面で変化が起きたとCさんは言う。

「これまでは食事中も、テレビを見ているときも、入浴中も、なんならトイレのときも、スマホを手にしていました。でもそれらを一切やめ、それぞれのことに集中することにしたら、不要な心配をすることもなく、何だか前向きになった気がします。スマホは便利ですが、私の場合、外出自粛で依存気味になり、“情報過多”になっていた。しばらくスマホとは距離を置き続けていこうと思います」(Cさん)

 これまで四六時中スマホを手放せなかった人の中から、スマホ離れする人も現れている。コロナ禍の中で、人だけではなくスマホとの距離感も変化しつつあるようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。