マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

生活習慣病 月の通院1回か2回かで医療費に大きな差が出る理由

2020年5月17日 15:00

診療回数が増えると医療費の負担はこれだけ増える
診療回数が増えると医療費の負担はこれだけ増える

 病院で診察を受ける度に「再診料」などが生じるので、当然、診察回数が増えれば病院の利益になり、患者の負担は増える。

 診療明細書を読むには、大きく2つのポイントがある。「基本診療料」と、医者が行なった検査などの診療行為にかかる出来高部分の「特掲診療料」だ。その内訳は点数で表示され、金額は「1点=10円」で計算。点数に0をひとつ加えたものが実際の金額となる。

 では、頻繁な通院を求める医者は診療報酬を稼ごうとしているのだろうか。

「そうだと言える部分もあるが、不正確です」とするのは、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌弘氏だ。

「現在は、ほとんどの医師が共有する診療上のコンセンサスがあるので、特定の医師だけが極端に頻繁な通院を求めるのはごく稀なケースだと思います。

 それよりも、患者の中には『たくさん診察を受けて安心したい』という気持ちが強い方も少なからずいらっしゃる。その患者の不安な気持ちを医師の側が利用し、必要以上の通院を求めている場合もあるかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。