マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

これまでの常識を覆す“後払い制”がん保険 保険料は加入者で割り勘に

2020年5月20日 16:00

わりかん保険の保険料が決定する仕組み
わりかん保険の保険料が決定する仕組み

 保険は、月々の保険料は数千円でも、チリも積もれば大金になるし、返ってこないことすらある。そうした中、従来の保険の常識を覆す保険が日本に上陸した。誰かが亡くなったり、入院したりしたら、その人の分の保険金を加入者全員が割り勘する──そんな日本初の「わりかん保険」が今年1月に発売され、注目を集めている。仕組みは至ってシンプルだ。

 これまでの一般的な保険は、加入したら毎月一定の保険料を“前払い”するもの。一方、「わりかん保険」は“後払い制”。保険金の支払いが発生したときに、加入者全員がそれを翌月に「割り勘」する。

 現在発売されているのはがん保険で、加入者はがんと診断されたときに一律80万円の保険金を受け取れる。すると、ほかの加入者全員に個人情報を伏せた形で「○才の女性が乳がんと診断確定。80万円を保険金支払いしたので、翌月の保険料は●●円です」といった通知が送られ、毎月の保険料とその“用途”がわかるという流れだ。

 発売元であるjust In Case代表の畑加寿也さんが説明する。

「自分が支払っている保険料がどう使われているかを“見える化”して、“誰かを助けて、誰かに助けてもらう”という保険の原点に戻ることが、『わりかん保険』のコンセプトです。保険料の使い道を明確にして、保険金にいくら支払われ、運営費にいくら使われるかも明示して透明性を確保しています」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。