マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

コロナ・ショックの円高は海外投資のチャンスに 「世界が買える」投資信託16

2020年5月28日 20:00

FPが選んだ「世界が買える投資信託」
FPが選んだ「世界が買える投資信託」

 コロナ・ショックは私たちの生命だけでなく、老後資金も脅かそうとしている。これまでのように「日本円」だけでコツコツ貯めることの危うさが、コロナによって浮き彫りになった。

 日本経済は戦後最悪の大打撃を受けている。今年4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は年率マイナス20%超えで過去最悪になるといわれ、40万人以上が失業するという予測もある。ボーナスひとつとっても「夏のボーナスは一部カットで済んだが、冬はゴッソリ減りそう」といった不安の声があちこちで聞かれる。

 そんな経済パニックが直撃するのが、老後資産を「日本円」でしか持っていない人たちだ。そもそも日本人の金融資産(現金、株、債券、保険など)の96%が円ベースで、円以外の資産を持っている人がほとんどいないのが実情だ。「日本で暮らしている以上、日本円がいちばん使いやすいから」という理由だろう。

 たとえば、日本円だけでなく、「金(ゴールド)」でも資産を持っていた人はどうなっていたか。5月18日、東京商品取引所では史上初めて1g=6000円を超えた。年初は5303円だったので、コロナ危機で10%以上も値上がりしたことになる。もし金を持っていたら、ボーナス減を取り戻せたかもしれない。

 不幸中の幸いで、アメリカやイタリア、スペインなどに比べると、いまのところ日本の新型コロナによるダメージは少ないかもしれない。しかし、この先、日本だけが深刻なダメージを受ける新たな感染症が流行したり、地震などの災害が発生したりして、日本経済だけが壊滅する──そうした事態が絶対にないとは言い切れない。そんなとき、老後資金を日本円だけで貯めていては、ダメージは計り知れないだろう。

株の関連記事

LINEアプリで手軽に株投資! 初心者でも始めやすい「LINE証券」の特徴を紹介

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。