マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

投資を始めたばかりの人、積立投資はコロナ・ショックにどう対応すべきか

2020年4月7日 20:00

相場が乱高下しても、パニックに陥らないように
相場が乱高下しても、パニックに陥らないように

 年金だけでは2000万円不足する――。こうした内容を含む金融庁ワーキング・グループの報告書が波紋を呼んだ「老後2000万円問題」が話題となったのは、2019年の6月だ。それまで特に老後資金準備に関心がなかった層からも注目を集め、投資を始める人が相次いだ。

 実際、ネット証券大手の楽天証券では、2019年の新規口座開設が前年の1.3倍の75万口座に達しており、その7割は投資初心者、6割は30代以下の若年層が占めたという。まとまった資金を持たない若年層の多くは、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(少額投資非課税制度)といった税制優遇を受けられる制度を活用して、毎月決まった額の投資信託を購入する積み立て投資を始めていると考えられる。

 しかし、こうして投資をスタートしたばかりの層が、今直面しているのが、コロナウイルス感染拡大を引き金とする世界同時株安だ。老後2000万円問題が話題となった直後に投資をスタートした層は、年末年始の株高ではかなりの含み益を出していたはずだが、現時点では20%前後の含み損を抱えていると考えられる。せっかく勇気を出して投資をスタートしたのに、1年もたたずに資産を2割も減らしてしまったのだから、ガッカリしたり、後悔したり、うろたえている人も多いかもしれない。

 そんな人は今一度、投資を始めた理由を思い出してほしい。目的はあくまでも老後資金の形成であって、2020年に利益を出して換金することではなかったはずだ。今は成功か失敗かを判断する時期ではないのに、投資をやめてしまっては負けを確定させてしまうだけだ。

 特にiDeCoやつみたてNISAのような積み立て投資では、マーケットが下落している局面は絶好の仕込み時となる。高値圏にあるときはあまり買えなかった「量」をたっぷり買える時期になるので、ここで積み立てを続けてこそ、回復時の利益を大きくできる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。