マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

外出自粛で「初めての家庭菜園」に挑戦した人たちの失敗の数々

2020年6月19日 16:00

葉っぱが枯れてしまった家庭菜園の青梗菜
葉っぱが枯れてしまった家庭菜園の青梗菜

 新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛中に、家庭菜園を始めたという声も聞くようになった。単純に植物を育てる楽しみを体感するだけでなく、自炊に使うための野菜を育てることもできる家庭菜園は、“おうち時間”を有意義に過ごすにはもってこい。しかし、特に予習することもなく家庭菜園を始めてしまったがゆえの失敗というものも少なくないようだ。

 都内に住む会社員・Aさん(40代/女性)は、友人がSNSで家庭菜園を始めたと投稿していたのを見て、興味を持ったという。

「緊急事態宣言中はテレワークだったんですが、実際はほぼ毎日、時間を持て余していたんです。そんななか、友人が野菜を家で育て始めたというのを見て、私もやってみようと思いました」(Aさん)

 Aさんが主に育てていたのは、葉物の野菜。豆苗や青梗菜、大葉、パクチーなどを育てて、料理に活用していた。

「豆苗や青梗菜は買ってきた野菜からの再生栽培で、そこそこ収穫しました。大葉とパクチーは苗を買ってきて育てて、こちらも収穫できました」(Aさん)

 しかし、野菜を育てるのが初めてだったということで、失敗も少なくなかった。

「まず、植物に水をやるという習慣がまったくなく、忘れることも多かった。そもそも“植物を育てている”ということすら忘れてしまうので、完全に放置してしまった日も何日かありました。豆苗などは水耕栽培なので、1日も外に置いていたら、カラカラになってしまうんです。そうやっていくつかの苗をダメにしてしまいました」(Aさん)

 また、大根を再生栽培した際には、腐らせてしまったという。

「見様見真似で小さな植木鉢に土を入れて、そこに大根のヘタの部分を植えていたんです。それで葉っぱが生えてくるということだったんですが、気づいたらヘタが思いっきり腐っていました。やっぱり“適当”にやっちゃだめですね……」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。