マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

外出自粛で「初めての家庭菜園」に挑戦した人たちの失敗の数々

2020年6月19日 16:00 マネーポストWEB

 Aさんは極力お金を使わないように家庭菜園を楽しんでいたので、損失額はほぼないに等しい。

「必要なものは主に100円ショップで買って、全部でおそらく2000円も使っていません。失敗した分を考慮しても、豆苗や大葉なんかは収穫して食べたし、元は取れているように思います。長いおうち時間を過ごすための費用としては安いと思いますね」(Aさん)

難関は「虫」と「留守期間」

 神奈川県に住む会社員・Bさん(30代/女性)も、このおうち時間期間中に家庭菜園を始めた1人だ。

「最初は室内の窓辺で水耕栽培をしていたんですが、だんだんそれだけでは物足りなくなって、ベランダにプランターを置いて、野菜などを育て始めました」(Bさん)

 そんなBさんは、大の虫嫌い。しかし、植物に虫はつきものだ。

「ある日、葉っぱが虫に食われていて、イヤだなあと思ってたんです。そうしたら、今度は葉っぱの裏側に虫の卵がいっぱいあったんです! それを見ただけで『ぎゃあ!』と大声を出してしまいました。さらに、その何日か後には葉っぱに青虫がいて、それで一気にテンションが落ちてしまいました。軽くトラウマです。虫はいるのが当たり前と頭では理解していたのですが……」(Bさん)

 一方、外出自粛期間中に家庭菜園を始めたはいいものの、仕事が通常に戻ったことで、世話ができなくなってしまったというケースも。東京都に住む会社員・Cさん(30代/男性)は、外出自粛期間中に野菜を育て始めた。

「家で仕事をしている時は、合間を見つけて水をやったり、肥料を与えたり、いろいろと世話ができるんですが、緊急事態宣言が解けて、また通勤し始めるようになったら、世話をする時間がなくなってしまったんです。朝水を上げて、1日仕事をして夜に帰宅したら、もうカラカラになっていましたね。あと、防風対策をしていなかったので、見事にベランダで植木鉢がひっくり返って、エライことになっていたり……。私は1人暮らしだし、植物の世話を頼めるような友達もいないし、ペットが飼えないのは覚悟しているんですが、まさか植物すら育てられないとは……。なんだかショックを受けましたね」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。