マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

人工透析治療 入院・通院と在宅医療で費用はどれだけ変わる?

2020年7月7日 15:00

 ここで重要なのは、仮に在宅のほうが費用負担の大きい疾患でも、もらえるお金や優遇される制度をフルに活用すれば十分に出費を抑えられるということだ。

「高額療養費制度」を利用すれば、当面払うお金は大きくても後から払い戻される。「限度額適用認定証」を提出すれば、上限額までの支払いで済む。

 その上で、在宅医療を担う内科医の中村洋一氏(中村診療所所長)は、「在宅医療のメリットとデメリットをしっかり把握しましょう」とアドバイスする。

「メリットは、住み慣れた自宅で家族、友人や近所との付き合いを維持しながら療養できることです。一方で容体が急変した時のリスクは入院より大きく、病院と比べて、十分なサービスが受けられない怖れもあります」

 本人の意思、コスト、リスクなどを組み合わせた総合的な判断をしたい。

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。