マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

大学教員が語る「よく単位を落とす学生」3つの特徴

2020年9月7日 15:00

【特徴3】「誰かに相談する」ことができない

「最近よく感じるのは、誰かに相談することが習慣化されていない学生が一定数いる、ということです。保護者や友人、教員や事務員など、とにかく誰でも良いからまずは相談してほしい。自分の中で問題をすべて受け止めてしまい、それで頭や心がグチャグチャになってしまい、最悪の場合、音信不通になったり退学することになったりする学生をたくさん見てきました。

 パソコンが使えない、Wordを使ったことがない、学費が払えないかもしれない……。こういった悩みは相談してもらえれば、こちらで対応可能な選択肢を提示することもできます。しかし、中には相談すること自体が恥ずかしいことだ、悪いことだと思ってしまう学生もいるようです。学力以前に、まずは人にサポートしてもらうことを恐れないで欲しい。心からそう思います」(30代女性教員/私立大学)

 このように、教員への聞き取りから、学力や講義参加への積極性、出席回数などとは別の能力が、単位取得に大きく左右するという側面も見えてきた。近年、単位が足りず卒業できない学生や留年学生に向けた“救済プログラム”を採用している大学も少なくない。補講を行い、その受講によって単位を認定し、成績が芳しくない学生をフォローするシステムだ。

 だが、そもそも日頃からたびたび単位を落としてしまうという学生には、上記で指摘されたような共通項も見受けられる。そうした学生は、安易に救済プログラムを頼る前に、まずは自分の行動と習慣を見直してみることから始めてみるとよいかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。