マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

銀行員による企業再建 伊勢丹は創業家社長退任の荒療治も

2020年9月17日 7:00

伊勢丹救済のために銀行はどう介入したか(共同通信社)
伊勢丹救済のために銀行はどう介入したか(共同通信社)

 瀕死の企業をバンカーが立て直す──過去を遡ると、そんな『半沢直樹』(TBS系)のようなケースが、実際にあったのだ。

 総会屋に対する利益供与や有価証券報告書の虚偽記載などの事件を起こし、2004年に上場廃止となった西武鉄道。西武グループはメインバンクであるみずほグループの管理下に置かれ、2005年に社長として立て直しに入ったのは、みずほコーポレート銀行副頭取だった後藤高志氏だ。

 持ち株会社の西武HDを設立し、企業再編するなかで出資者として協力したのが外資ファンドのサーベラスで、再生資金として1000億円を出資し、筆頭株主となった。

「本来なら、みずほが再建のための資金を用意するが、当時は不良債権の処理問題が残っていて、融資には金融庁から厳しい指導を受けていたので金は出せなかった。そこでサーベラスに頼ったということです。

 サーベラスからは不採算路線の廃止や西武ライオンズの売却などの要求があった。後藤社長がそれをはねつけた際には緊張感が高まり、2013年にはサーベラスが敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けてきて対立。

 しかし、みずほは西武側に賛同し、取締役会はみずほの方針に従って判断した。西武の立て直しは、主導権を握るみずほ銀行の力を背景に、サーベラスの要求を押しとどめていた構図です」(西武関係者)

 そうして2014年には西武HDは再上場を果たしている。その後、サーベラスとは資本業務提携を解消した。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。