マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「自筆証書遺言」保管ルール変更 法務局が預かってくれるが過信は禁物

2020年9月16日 15:00

遺言書のルール変更に注意
遺言書のルール変更に注意

 40年ぶりとなる相続に関わる民法大改正からおよそ1年、今年7月からは、遺言書の保管のルールも変わった。自筆証書遺言を法務局が預かってくれるようになった。

「自筆の遺言書を自宅で保管すると、誰かに見られたり、改ざんや紛失のリスクがありましたが、法務局に預ければそうした心配がなくなります」(夢相続代表取締役で相続実務士の曽根惠子氏)

 ただし過信は禁物だ。

「公正証書遺言と違って法務局で遺言内容へのアドバイスがあるわけではなく、内容や様式には細心の注意が必要です。

 また自筆証書を預ける際は、必ず本人が法務局に出向く必要があります。代理人は立てられないので、本人が元気なうちに遺言書を準備。実際に受け付けが終わると保管証を出してくれるので、大切に管理しましょう」(前出・曽根氏)

 ある日突然、病や事故で倒れることもあるので、遺言書はなるべく早くから用意しておきたい。その際、遺言書があることを家族に知らせておくことも大切だ。

「被相続人が亡くなった際、法務局が相続人に遺言書の存在を知らせてくれるわけではありません。遅くとも法務局に預けて保管証をもらった段階で家族には知らせるべきでしょう。死後のトラブルを避けるには、遺言作成時に家族とコミュニケーションを取っておくことが重要です」(前出・曽根氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。