マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

解散が相次ぐ「組合健保」 加入する健康保険が解散するとどうなる?

2020年9月9日 7:00

「現役世代の払った保険料から、75歳以上のための後期高齢者医療制度などに支援金・納付金を拠出している。高齢化で拠出金がどんどん増えるなか、団塊の世代が後期高齢者になる『2022年問題』が目の前に迫り、さらに新型コロナによる経営難で保険料納付の猶予を求める企業が急増。組合健保の解散はますます増えるはずだ」(同前)

 全国に約1300ある組合健保の加入者はおよそ2900万人。財政的に余裕がある組合健保はまれで、多くの人が“あなたの加入する健康保険は解散します”と言い渡されるリスクを抱えているのだ。

 もちろん、解散後はすぐに協会けんぽから新しい保険証が交付される。ただ、人間ドックの費用補助といった、組合健保独自の「付加給付」は受けられなくなる。

 組合健保や協会けんぽは、拠出金圧縮のため、後期高齢者の窓口負担割合を1割から2割へと上げるよう国に要請してきた。現役世代も、リタイア後世代も負担が増え続けることになる。

※週刊ポスト2020年10月1日号増刊『週刊ポストGOLD 得する医療費』より

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。