マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

すかいらーく株主優待改悪の衝撃 NISA株主からの恨み節も

2020年9月11日 16:00

 同社株はNISA(少額投資非課税制度)の口座でも多く保有されており、SBI証券が公表しているNISAの保有残高ランキングでも上位の常連だ。NISA口座では利益が出た際は非課税になるので有利だが、損失が出ると他の利益と相殺して税を減らす「損益通算」ができないため、NISAで損失を出してしまうとダメージはさらに大きくなる。おいしい優待を受け取りながら長期保有をもくろんでいた株主からは、早くも恨み節が聞こえてきている。

 すかいらーくに限らず、どの外食企業もコロナ禍で業績は大幅に悪化している。業界をリードする大手が株主優待の改悪に踏み切ったことで、コロワイドやクリエイト・レストランツ・ホールディングスなど、すかいらーく同様に“太っ腹”で人気の外食優待銘柄でも追随する動きがないとは言い切れない。各社の業績やリリースには十分注意しておきたい。

文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。