マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

運転は14年ぶり! 2時間の「ペーパードライバー講習」でわかったこと

2020年10月3日 16:00

運転に不安がある場合はペーパードライバー向けの講習を受けておきたい(イメージ)
運転に不安がある場合はペーパードライバー向けの講習を受けておきたい(イメージ)

 若い頃に免許は取ったものの、その後、運転する機会もないまま免許更新だけし続ける「ペーパードライバー」は少なくない。特に東京23区内など、鉄道交通網が発達している地域に住んでいる人の中には、そうした人も多いのではないだろうか。そうした中で、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏がペーパードライバー講習の「1日お試しコース」を体験した。結論としては「申し込んで良かった!」とのことだ。中川氏がその2時間を振り返る。

 * * *
 近々東京を離れようかと思っています。すると自動車の運転が必要不可欠となるため、ペーパードライバー向けの講習を受けることにしました。ネットで見つけた「ペーパードライバースクール ウインクリエート」に電話して、2時間の「1日お試しコース」を申し込みました。金額は1万3800円で、私は車を持っていないため、レンタカーを借りてもらうことに。こちらは6000円です。これに消費税が1980円かかり、合計2万1780円です。

 同スクールでは、指導してくれる人のことを「サポーター」と呼んでおり、男性の受講生には男性のサポーターがつく、と説明されました。

 私は大きな車を運転する自信はないため、今後の人生は中古の軽自動車に乗るつもりです。なので、レンタカーは軽自動車を指定しました。車幅とか、パワーとかは把握しておきたいですからね。

 さて、私はガチもののペーパードライバーです。そもそも免許を取ったのはアメリカの高校に通っていた1989年のこと。16歳になったら体育の授業で「運転」という科目があり、その授業で免許を取るのです。アメリカの学校では、体育は秋・冬・春の3シーズンに分かれており、この年は水泳→運転→レスリング、という流れでした。

 当時の記憶をたどると、まず座学の後に「ホワイトスリップ」と呼ばれる仮免的なものをゲットし、路上で運転できるようになる。その後、「ブルースリップ」が発行され、これを持って運転免許試験場へ行き、実地テストを受けて通れば25ドル払って運転免許証が交付されました。家にあったアメ車(クライスラーのAries)を何度か運転する機会はあったのですが、ほとんど移動は高校の同級生・スティーブの車でした。だから現地でもほぼ運転していません。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。