マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

週休4日制検討にモーレツ社員の困惑「休みにどうしたらいいのか…」

2020年10月22日 16:00

働き方改革に戸惑いを隠せない「企業戦士」も…(イメージ)
働き方改革に戸惑いを隠せない「企業戦士」も…(イメージ)

 みずほフィナンシャルグループは、みずほ銀行などグループ6社の社員約4万5000人を対象に、今年12月から「週休3日・4日制」を導入する方針を明らかにした。

 このニュースが伝えられると、ネット上では〈働き方の選択肢が増えるのはいいこと〉〈介護や子育てに活用できる〉といった肯定的な意見から、〈給料減るなら意味ない〉〈リストラの一種では?〉といった意見まで賛否の声が溢れた。

 みずほFGだけでなく、近年、ユニクロや佐川急便など「週休3日制」を導入する企業が増えている。しかし、3大メガバンクの一角が「週休4日制」で週の半分以上を休みにするとなると、随分思い切った印象だ。

 こうした変化に戸惑いを覚えるサラリーマンもいる。食品メーカーに勤めるA氏(59)は語る。

「我々が働き盛りだった頃は週休1日で、家庭のことは妻に任せて仕事が最優先。夜も接待や仕事関係の飲み会で埋まっていて、日曜だけしか顔を合わさないから子供が懐かないという話がある種の“サラリーマン武勇伝”でした。

 それが週休2日になって土日に何をしたらいいのか困っていたのに、今度は週の半分以上を休むなんて、もはや社会人と言えないような気がしてしまう……」

 1980年代までは休みといえば日曜の1日のみ。土曜にいわゆる“半ドン”の半日休みが一般的で、それ以外は「企業戦士」としてモーレツに働くことが美徳とされていた。

 それが昭和から平成にかけて週休2日制に移行する動きが活発化し、1992年には国家公務員が完全週休2日制に移行。いまや週休2日が一般的な働き方となっている。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。