マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年後ボランティアの現実 更正支える60代男性保護司の後悔

2020年11月5日 16:00

定年後のボランティアにおける注意点とは?(写真は東京五輪のボランティア説明会、AFLO)
定年後のボランティアにおける注意点とは?(写真は東京五輪のボランティア説明会、AFLO)

「どうせ生涯現役を目指すなら、定年後は社会貢献できるボランティア活動に携わりたい」――そう考える人が増えている。社会との繋がりを持ち、やりがい・生きがいを得ることは健康面や精神衛生上も望ましい。その意味でボランティア活動は、比較的、生活に余裕のある人にとっての“理想の老後”にも思える。

 だが、時に60代以降の人生を大きく狂わせることもあるという。都内の町会役員を務める男性(71)が語る。

「私はある程度の蓄えもあったので、65歳の定年を機に地元町会でボランティア活動を始めました。内容は祭りの手伝いや町のパトロール、清掃など多岐にわたりましたが、同世代の友達も増えて充実感があった。

 ただ、台風など災害時には避難所の設置に駆り出されるし、町会の運動会に孫と一緒に参加したくても、準備や運営に追われそれどころではない。町会費の集金で家庭訪問すると、イヤミを言われることもある。町会は付き合いも多く、のんびりできる時間がなくなってしまった」

 ボランティア活動は「できることを、できる時に、できる人が」の精神が大切だが、自身の犠牲を強いられる場面が少なくないという。

 とくに、地域密着型のボランティア活動は担い手が少なく、高齢化が進んでいるため負担も大きい。慢性的な人手不足のため、「活動をやめたくてもやめられない」という声も聞こえた。高い志を持って活動を始めた責任感の強い人ほど、自分を追い込んでしまう傾向が強いようだ。

 犯罪者や非行少年の更生を支える保護司の男性(68)も表情は暗い。

「10年ほど前から保護司をしているが、正直、精神的にも体力的にも限界に近付いてきたと感じています。仮出所や保護観察中の対象者の面談は、基本的に彼らの都合に合わせ土日が多い。保護司の自宅で行なわれることもあるが、目を離した隙に金品を盗まれたという仲間もいた。対象者が事件を起こすと昼夜を問わず警察に呼び出されるし、一体、誰のために身を犠牲にしているのか……と空しく感じてしまうことがあります」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。