マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

定年後ボランティアの現実 更正支える60代男性保護司の後悔

2020年11月5日 16:00

 過去には、対象者の少年が担当保護司を逆恨みし、自宅に放火、全焼させる事件が発生したこともあった。

「妻は“担当した少年たちが何かと頼ってくるのではないか”と常に不安を感じているようです。罪を犯した人の更生を手伝いたいと、妻や子供の猛反対を押し切って始めたものの、今では後悔しています」(前出・保護司)

 高齢者や児童、貧困家庭をサポートする民生委員・児童委員も苦労が絶えないという。

「地域の付き合いが希薄になった今、安否確認のため対象者宅を訪問しても、同居家族に煙たがられることが増えた。児童虐待の疑いがある家庭を訪れた際は、父親にえらい剣幕で怒鳴られ、怖い思いをしたこともあります」(民生委員・72歳男性)

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。