マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年収1000万円超の凄腕タクシー運転手 流しの“虎の巻”も存在

2020年11月2日 7:00

年収1000万円を超えるタクシードライバーは何が違うのか(時事通信フォト)
年収1000万円を超えるタクシードライバーは何が違うのか(時事通信フォト)

 いまや“生涯現役”が当たり前となった。第2の人生でどんな仕事を選ぶかは、生きがいとしてはもちろん、定年後の生活費を大きく左右する。そうした中で注目されているのがタクシー業界だ。「運転が好き」という人なら、一度はタクシードライバーを定年後の仕事にすることを考えたことはあるかもしれない。

 タクシー業界は景気の影響を受けやすく、かつてはリストラされた会社員が頼る“最後の職場”というイメージを持たれたこともあった。だが、その収入は思いのほか高く、会社員からドライバーに転じて、サラリーマン時代の年収を超えることさえあり得るという。

 タクシー業界に詳しいライターの栗田シメイ氏が解説する(以下、カギカッコ内は栗田氏)。

「法人タクシーに限っても、東京都心で営業する大手タクシー会社の営業所には年収1000万円超のドライバーが数人ずつ、800万円超も珍しくない」

 タクシー運転手の平均年齢は60歳(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の統計調査)であり、“生涯現役”が当たり前になる時代において、多くの中高年にとって働き口の選択肢となり得る。

 都内のドライバーの平均年収は450万円程度とされるが、その2倍を稼ぎ出す“エースドライバー”は何が違うのか。

「法人タクシー運転手の給与は完全歩合制のところがほとんど。会社によってパーセンテージは異なりますが、売り上げの55~65%くらいがドライバーの取り分となる。売り上げが1700万円ほどで年収1000万円に届くイメージです」

 タクシードライバーといえば一昼夜稼働して一日休む「隔日勤務」の体制が思い浮かぶが、それでは稼げないようだ。

「1000万円プレイヤーは50代、60代でも終電後、深夜割増がつく夜専門で稼働している精力的なドライバーです。夜7時から翌朝4時といった深夜帯に街に出て、1日7万円程度の売り上げをコンスタントに上げる。新規客を乗せるたびに車中で名刺を渡して営業をかけるなど、押しの強いタイプが多い印象ですね」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。