マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

退職時には健康保険の手続きを 最大2年まで元の勤め先の保険に継続加入可能

2020年11月7日 15:00

退職時は健康保険の手続きを忘れずに
退職時は健康保険の手続きを忘れずに

「70歳就業法」と呼ばれる改正高年齢者雇用安定法が来年4月に施行される。この法律によって、社員が70歳まで働き続けることができる仕組みをつくる努力義務が事業主に課せられる。つまり、「60歳定年」の常識は崩れ、“定年崩壊”となってしまうのだ。

 70歳以降も働くのが当たり前の“定年消滅時代”が到来すると、退職や再就職といった区切りのたびに「必要な手続き」も出てくる。その詳細を知っておかなければならない。

 たとえば、退職する場合は「健康保険の手続き」が必要だ。社会保険労務士の稲毛由佳氏がいう。

「ここでは、健康保険の任意継続という選択肢があります。健康保険組合、協会けんぽなど、もともとの勤め先の健康保険に、退職後も最大2年まで継続して加入できる制度です。

 現役時代に会社と折半していたぶんが自己負担になるので保険料は2倍になりますが、上限があるために市区町村の国民健康保険(国保)に加入するよりも得になることが多い。退職前に市区町村の窓口などで国保加入の場合の保険料の額がいくらになるか確認し、任意継続にするかをあらかじめ決めておきたい。

 任意継続を選ぶ場合、資格喪失日(退職した翌日)から20日以内に加入していた健康保険での手続きが必要になります」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。