マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

無遅刻無欠勤で働く人が多いシニア層 外食やスーパーが積極雇用も

2020年11月6日 7:00

シニアだからこそ求められる仕事も(イメージ)
シニアだからこそ求められる仕事も(イメージ)

 定年後も70歳まで、あるいは75歳まで働くのが当たり前となってきた、今の時代。仮に早期のリタイアを決断しても、しばらくたって「やっぱりもう一度働きたい」と思い直す人は少なくない。「お金の不安が消えない」「やることがない」「社会との接点が欲しい」など理由はさまざまだが、そう思いながら「いまさら雇ってくれるところなどあるのか」と就職活動をためらう人もいるという。社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの北山茂治氏は言う。

「たしかにいったんリタイアしてから数年経ってまた社会復帰しようとしても、元いた会社も含めて多くの企業はブランクのある人の雇用を敬遠する傾向があります。

 ただし、資格があれば別です。そのブランクの間に資格を取っていれば、再就職の有力な武器になる。少し難しい資格でも、リタイア後は勉強する時間は十分にあります。高齢者でも取得しやすく、求職でも有利になる資格としては、マンション管理士、ボイラー技士、消防設備士、介護福祉士、調理師などが挙げられます」

 たとえばボイラー技士の資格は取得までに平均して3~6か月はかかるが、オフィスビルやマンション、商業施設などのボイラー設備の点検・整備を担う人材として重宝される。

「ビルのメンテナンス業務の需要は今後もなくならない。しかも普通の清掃員と違って技術職の有資格者は高給が期待できる。たとえば求人状況を見ても、ビル清掃が月収10万円までいかないのに対し、ボイラー技士は月収20万円超えもザラです」(不動産管理会社)

 1つの資格が金銭的にも精神的にも強い味方になる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。