マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

『鬼滅の刃』が再生させた「映画を見る若者」「お金を使う若者」の心の内

2020年11月1日 16:00

「若者の映画離れ」は間違いだったのか?(時事通信フォト)
「若者の映画離れ」は間違いだったのか?(時事通信フォト)

 社会現象といえる盛り上がりを見せている『鬼滅の刃』。わずか10日間で興行収入100億円を突破した映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』関連ニュースは連日のように報じられ、“特需”にあやかりたい企業がコラボした商品も後を絶たない。今や『鬼滅の刃』という言葉を見聞しない日はないと言っていいだろう。若者を中心に絶大に支持されている同作品。巷間言われてきた「若者の映画離れ」「若者はお金を使わない」という言葉も、ひっくり返されている印象だ。

 20代の男性会社員・Aさんは、もともとメディアで「若者の映画離れ」と言われていることにピンと来ていなかった。「そもそも映画から離れていない」と話す。

「『映画離れ』ではなく、『映画館離れ』だったのではないでしょうか。実際、私の場合、配信やDVDなどで映画を見てきたので、映画自体からは離れていません。ただ、『今、映画館に行って見たい』と思う作品が少なかった。時間が経てば映画館に行かなくても見られるのだから、少し我慢していただけ。でも、今回の『鬼滅』は、すぐ見たかった。面白い作品があれば映画館に足を運ぶことの証明ですね」(Aさん)

 30代の男性会社員・Bさんは、映画館が『鬼滅の刃』を上映する回数する多さに注目する。映画館によっては、早朝から深夜まで1日に約30回以上の上映があり、「最初はめちゃくちゃ驚いたけどテレワークになった今はラッキーだと思いました」と明かす。

「映画館が『鬼滅』に“全集中”しすぎで笑いましたね。今はテレワークで通勤時間がなくなった分、時間に余裕もできたので、勤務時間前の早朝に見に行きました。初めての経験で新鮮そのもの。週末の飲み会もめっきりなくなったので、土曜の早朝とか午前中に映画を見るという選択肢も生まれた。今週3回目を見に行こうかと思っています。時間の選択肢があれば、映画館に見に行くんですよね」

 また、「若者がお金を使わない」とも言われる中、『鬼滅の刃』のグッズなどにお金を注ぎ込みすぎて“鬼滅貧乏”なる言葉まで生まれている。20代の女性会社員・Cさんもその1人だ。「沼にハマるとはこういうこと」と笑う。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。