マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

バイデン氏の増税政策が景気失速を招く懸念 バブル崩壊が日本にも波及か

2020年11月20日 7:00

バイデン大統領誕生でバブル崩壊の懸念も(AFP=時事)
バイデン大統領誕生でバブル崩壊の懸念も(AFP=時事)

 米大統領選で民主党のジョー・バイデン氏が当選を確実にした。トランプ政権は終わりを告げることとなるが、振り返ると、大規模な公共投資など“ばらまき”に走ったトランプ大統領は共和党としては、例外的な存在だったといえる。共和党は伝統的に、規制緩和によって民間の競争を促す「小さな政府」を志向し、減税に力を入れてきた。

 一方の民主党は増税してでも国家財政を膨らませ、財政出動に積極的な「大きな政府」を志向する傾向が強い。『経済界』編集局長の関慎夫氏が指摘する。

「バイデン氏もコロナ対策を最優先するため、財政出動は不可欠と考えており、結果的には新政権下でも財政赤字が加速する見込みです。その場合、米国が抱える貿易と財政の双子の赤字を是正するため、ドル安誘導策を取らざるを得ない。ドル安で円高が加速すれば、自動車メーカーをはじめ日本の輸出産業には痛手となる」

 それだけではない。経済アナリストの森永卓郎氏が指摘する。

「バイデン氏が目指す大企業や富裕層への増税が実現すれば、景気の失速は避けられない。現在の株式や不動産のバブルが崩壊に向かう可能性が高まるでしょう。

 米国株式市場を見ると、株価の割高・割安を判断する『シラーPER』指標は、78か月間連続で割高とされる25倍超の水準となっている。いつバブルがはじけても不思議ではない状況なのです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。