マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

相続放棄後に「高額当せん宝くじを発見」…知らなかった長男が絶句

2020年12月6日 19:00 マネーポストWEB

「ただし、宝くじなどは誰が購入したかを証明できるかがカギになります」

 曽根氏はそう付け加える。

「宝くじは記名ではありません。明らかに故人が購入したなら相続財産になりますが、それを証明するのは難しいでしょう。極端に言うと、見つけた人が『自分が買ったものだ』と主張すれば、受け取れてしまう可能性があるということです」(曽根氏)

 もちろん、自分のものにした当せん宝くじがあとになって何らかのかたちで父親の遺産だと判明すれば窃盗罪などにも問われるリスクがある。

 高額当せん宝くじが後になった見つかるケースは極端かもしれないが、家族がその存在を知らない高価な物品が後になって見つかることは十分にありうる。そうした場合は面倒やトラブルに発展しやすいので、生前に家族で話し合いながら「財産目録」を作っておくことが有効な備えとなり得る。

※週刊ポスト2021年1月1日号増刊『週刊ポストGOLD もめない相続』より

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。