マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

公正証書遺言で重要な「付言事項」、財産分割の意図を詳しく書くべき

2021年1月7日 16:00 女性セブン

「遺言書の本来の趣旨は、財産行為(どれくらいの財産があるかを証明すること)、相続行為(相続の意思を明確にすること)、身分行為(子供の認知などを明らかにすること)の3つです。相続と直接関係のない、家族への思いは、遺言書ではなくエンディングノートなどに残すのがいいでしょう。

 もちろん、いくら丁寧に書いてもエンディングノートには法的拘束力はないので、効力のある遺言書をつくってから、胸の内はエンディングノートに好きなだけ書くようにしてください」(江幡さん)

 遺言書に添付する財産目録のベースとしてエンディングノートを書くのは有効だ。まずは遺言書をつくってから、それでも書き足りない胸の内を、洗いざらいノートに込めよう。

 スムーズな相続につなげることが、去る者に残された最後の役割かもしれない。

※女性セブン2021年1月14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。