マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

半導体、船舶等がコロナ禍で需給逼迫 世界的なインフレ、金利上昇懸念も

2021年1月27日 7:00

 世界の海運市況の動向を示すバルチック海運指数の動きをみると、新型コロナ禍で2020年5月14日には393ポイントまで下げた指数は10月6日には2097ポイントまで上昇した。その後、クリスマス商戦前の繁忙期を過ぎ一旦下落したものの、12月中旬以降再び上昇し始めており、1月22日は1810ポイントを付けている。

 新型コロナ禍は確かに先が見通せない。もし仮にワクチンの効果が期待通りのものではなかった場合、旅行、運輸、エンタメ・外食産業などのサービス産業を中心に経営が悪化するのは必至だ、そうした弱い産業の企業倒産がきっかけとなり、他の産業にも倒産の連鎖が広がり、経済危機に繋がる可能性もないとは言えない。

 しかし、そうした経済の弱い部分を支えることができれば、新型コロナ禍で需要が拡大する産業もあり、景気全体をみれば落ち込みは軽微となるのではなかろうか。ワクチンの効果に季節的な要因が加わり、グローバルで新型コロナの封じ込めに成功する可能性もある。そうすれば今度は逆に、各国の行った景気刺激策、金融緩和政策が効きすぎてしまう。多くの製品で供給が不足し、インフレの懸念が出てくる。

 さらに、もしアメリカが世界の工場である中国とのデカップリング(切り離し)を続けようとすれば、供給不足に拍車がかかり、グローバルでインフレ、金利上昇が起こるといった最悪の事態が発生しかねない。

 新型コロナ対策では、各国政府に非常に難しい匙加減が要求されそうだ。政府の力量が試される。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うフリーランスとして活動中。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(https://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。