マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

年間輸出額は過去最高、中国がコロナ禍で輸出を急増させている商品は?

2021年1月20日 7:00

中国の輸出が急増している背景は?(青島港。Getty Images)
中国の輸出が急増している背景は?(青島港。Getty Images)

 世界各国が新型コロナ禍に苦しみ、軒並みマイナス成長にあえぐ中、中国だけが順調に経済を回復させている。2020年の実質GDP成長率は2.3%。四半期ベースの成長率を順に並べると、▲6.8%、3.2%、4.9%、6.5%。第4四半期の成長率は2018年第3四半期に匹敵する。需要、供給(生産)ともに、正常な状態に戻っているといえよう。

 なぜ、コロナ禍でも中国経済は強いのか。理由の一つは、政府の危機対応が速かったことだろう。2020年1月上旬の段階では、「武漢でSARSのような感染症が出た」とようやく話題になり始めたところであった。それが、同年1月23日には武漢市とその周辺都市を都市封鎖するに至っている。

 感染者の隔離施設が足りないとわかると、武漢市はわずか10日程度で1000床を超える仮設病院を建設した。全国レベルで、検査キットの作成、増産技術を確立させ、充分な検査体制を敷いた。まず、できるだけ早く患者を見つけ、見つけたら患者とその濃厚接触者を特定し、それを隔離する。中国は、疫病専門家なら誰でも知っている対応策を忠実に行った。

 景気を悪化させる根本原因に対処する一方で、悪くなる経済に対しては、真っ先に金融緩和と、零細企業、影響を受けるだろう業界への全面的な支援策を決めた。それと同時に、金融市場安定化政策を打ち出し、続いて新型インフラ投資を中心とした積極財政政策を実施した。

 成長要因をみると、設備投資と共に、輸出が牽引している。

 2020年の輸入は0.7%減(人民元ベース、以下同様)となる中で、輸出は4.0%増加した。後者について、月次でみると6月から12月にかけて7か月連続でプラスの伸びとなり、年間の額では過去最高を記録した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。