マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

日本市場でも存在感、中国製スマホゲームに魅了されるユーザーの声

2020年2月10日 16:00

日本製ゲームと何が違うのか?(イメージ)
日本製ゲームと何が違うのか?(イメージ)

 日本のスマホゲーム業界にも、チャイナパワーの波が訪れているようだ。米調査会社センサー・タワーによると、2019年度第3四半期の日本市場の売上トップ100に中国製が22作品ランクイン。中国製タイトルの売上高は、前年同期比53%増の総額4億6000万ドル(約500憶円)で、全体の16%を占めた。これは過去最高だという。

 トップ20にはまだまだ既存の日本製人気タイトルが存在感を残しているが、中国製も4作品がランクインしている。中国製ゲームの何が魅力的で、人気を呼んでいるのか。ユーザーの声からその理由を探った。

 30代の男性会社員・Aさんは日本製タイトルの熱心なプレイヤーだったが、一昨年、中国製タイトルに移行したという。きっかけは何だったのか。

「私がプレイしていた日本製ゲームは、ガチャでキャラを引くために多額の課金が必要でした。でも、引いてからが本当の地獄。キャラを育てるために必要なアイテムを入手するため、時間をかけて何回も敵を倒して周らなくてはなりません。しかも、必ずアイテムがドロップするとは限らず、確率も低いので本当につらくて……。毎日、ルーティンとしてやらなければならないことも多くて、正直、楽しめていなかったように思います」

 そんな中、Aさんが出会ったのが中国製ゲームだった。「満足度が高い」という。

「正直、当初は“パクリゲー”の類と思っていたんですが、いい意味で裏切られました。毎日ログインしてちょっとプレイすれば、ガチャを引けるようになるうえ、キャラもドロップでしか出ないものがいるので、自然と集まります。レベル上げもオート戦闘や自動なので、他の作業をしながら可能。好みのキャラが実装されれば、少し課金することもありますが、ガチャの確率は高いので財布に優しい。それまでやっていた日本製ゲームと違って、息切れせずに続けられて、満足度しています」(Aさん)

 中国製ゲームのユーザーが評価しているのは、システム面だけではないようだ。「クオリティの高さも魅力的」と話すのは、20代の男性大学院生・Bさんだ。もともと日本製ゲームをメインに、サブゲーとして複数の中国製ゲームをプレイしていたというが、最近は気が付くとその関係が逆転しつつある。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。