トレンド

家族に知られたくないデータどう隠す? へそくりもデータ化する時代に

死後のデジタル遺品、家族に伝えるべきもの、秘密にするものリスト

死後のデジタル遺品、家族に伝えるべきもの、秘密にするものリスト

へそくりはネット口座や支払いアプリに隠そう

 へそくりも、お金をデータ化することで隠しやすくなる。

「たとえば、“PayPay”や“メルペイ”などの電子決済サービスには、数十万円の残高が残せるものがあります。それらに普段使いのちょっとしたお小遣いや虎の子の財産を分散させておくのは有効でしょう。ただし、自分の身に何かあったとき、お金関連は相当神経を尖らせて探されてしまいます。見つからないと大きな迷惑をかける規模の運用は避けましょう」

 スマホ決済アプリなら、たとえインストールしていることが家族にバレても、支払いに使っていると思われるため、そこにへそくりがあるとはバレにくい。ただし、1回の支払いに使用できる金額の上限や利用限度額が設定されている点は注意しよう。

取材・文/桜田容子

※女性セブン2021年2月18・25日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。