マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

家賃は3万円、東京都心の一人暮らし「1か月9万円生活」のリアル

2021年2月6日 16:00

都心の一人暮らしで月9万円の生活の家計の内訳は?
都心の一人暮らしで月9万円の生活の家計の内訳は?

 昨年、春から夏にかけて「特別定額給付金10万円」が全国民に一律支給されたが、「10万円」の価値をどうとらえるかは人それぞれ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏(47)は、かつて会社員を辞めて無職だった時代(27~28歳時)、東京・渋谷で月9万円の予算内で生活を送っていたという。今から20年前、都心で「1か月9万円」の生活とはどんなものだったのか。中川氏が当時の家計の内訳を振り返る。

 * * *
 当時、私が住んでいたのは東京・渋谷駅から徒歩20分ほどの「松見坂」という交差点の近くの家賃3万円のアパート(風呂なし、共同トイレ)でした。最寄り駅は東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩12分ほどです。あるいは京王井の頭線「駒場東大前」も同じくらいでしょうか。

 この頃、毎月支払っていた固定費は、だいたい以下の通りです。

当時、中川淳一郎氏が住んでいた家賃3万円のアパートの中
当時、中川淳一郎氏が住んでいた家賃3万円のアパートの中

・家賃:3万円
・携帯電話代:6000円
・固定電話代:2500円
・電気代:3500円
・インターネット代:3500円
・ガス代:1500円
・水道代:無料(家賃に込みだった)

 この基本的な額で4万7000円です。ただし、この頃私は「飲み会に誘われたら断らない」ということを決めていました。飲み会自体は4000円のものが月に5回はありました。となると、これで合計6万7000円。

 当時、無職だった私は、その時の貯蓄額から逆算して、「月に9万円しか使わない」と決めていたので、残りの2万3000円で普段の食費と交通費を何とかしなければならないのですが、移動手段については「すべて自転車」を心がけました。これによりゼロ円です。そして、食費については、マクドナルドがハンバーガーを「59円」や「65円」という激安価格で売っていたため、毎回10個ずつ買い、これを1回2個ずつの5食分にします。

 当時は現在と同じく「1日2食生活」だったのですが、1食はこのハンバーガー×2個にする。まぁ、麦茶を一緒に飲んだりはしていたのですが、とにかく1日のうち1回の食事は激安で済みます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。