マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

今年も「保育園落ちた」人たち 主婦2人が振り返るコロナ禍の保活

2021年2月18日 15:00

「待機児童ゼロ」はまだ先になりそう(イメージ)
「待機児童ゼロ」はまだ先になりそう(イメージ)

 4月からの新年度を前に、各地で保育園入園希望者の選考結果が届けられている。2016年には「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログが大きな話題になったが、あれから5年経った今も、選考に漏れて待機児童となるケースは少なくない。フリーライターの吉田みく氏が、「保活」が失敗に終わったという20代の母親2人に話を聞いた。

 * * *
「先日市役所から届いた通知には、『待機児童』の文字が……。凄く悲しかったですが、前を向いて頑張らなくてはいけないと思いました」

 そう語るのは、都内市部に在住の自営業、鈴木さくらさん(仮名・29歳)。昨年5月に生まれた0歳の娘を4月から保育園に通わせようと市に申請したが、選考から漏れてしまったという。鈴木さんは夫と娘の3人家族である。

 東京都福祉保健局によると、2020年4月1日時点で何らかの保育サービスを利用する児童の総数は32万558人だった。前年に比べ1万1382人増えた一方、待機児童は1347人減の2343人だという。まだまだ待機児童ゼロには程遠く、2021年度も鈴木さんのようなケースが一定数出てくることが予想される。

「夫はサラリーマンですが、私は在宅での自営業。通勤がないというだけで、(保育園の入園希望者を選考するための)点数が低くなるのには納得できません」(鈴木さん)

 鈴木さんが憤るように、保育園の入園選考では「サラリーマンか自営か」「通勤があるかないか」などで細かく差がつけられているケースがある(基準は自治体によって異なる)。

 鈴木さんの仕事は、ハンドメイドアクセサリーの販売。最初は趣味で始めていたそうだが、今では夫の収入を超えるほどの売り上げがあるという。細かなパーツを扱うこともあり、育児をしながら作業をするのは厳しいため、0歳児から保育園入所を希望したのだそうだ。

 今回、希望していた駅近の保育園への入園は叶わなかったが、「まだチャンスがあるかも」と市役所に相談すると、自宅から車で20分以上離れた保育施設に空きがあることが判明した。だが、毎日の送り迎えを考えると躊躇ってしまったという。鈴木さんは「保育園が決まるまでは一時保育サービスを利用したり、子供が寝てから作業するなど工夫をしながら頑張っていきたい」と決意を固めていた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。