マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

不正申請多発の給付金 今は緊急小口資金と総合支援資金が標的に

2021年3月2日 16:00

給付金や貸付金が詐欺グループの食い物にされている
給付金や貸付金が詐欺グループの食い物にされている

 2月15日に申請が締め切られた「持続化給付金」は、コロナで売り上げが落ち込んだ事業者の支援・救済を目的とする制度だった。中小企業は200万円、個人事業主は100万円を上限に給付金が受け取れる仕組みで、支給総額は約5.5兆円にのぼる。

 だが、事業実態がない者が、確定申告書や売上台帳を偽造するなどの手口で不正申請するケースが全国で多発。税理士や税務署職員が専門知識を悪用し、給付金を騙し取る事件も相次いだ。警察庁によると2月10日までに全国44都道府県で509人が摘発され、被害額は立件された分だけで4億円に達している。ライターの奥窪優木氏が指摘する。

「私が取材した詐欺グループのメンバーは『今は(給付金の)ボーナスステージだ』と言い放ちました。持続化給付金に代わり、最近は、生活福祉資金貸付制度の『緊急小口資金』と『総合支援資金』が食い物にされています」

 これらは収入減少世帯のための貸付制度で、併用も可能。現在は特例により、無利子無担保で最大200万円まで借り入れることができる。

「申請は1世帯単位ですが、同じ家に住みながら住民票上の世帯を分ける『世帯分離』の届け出をし、それぞれ貸付を受ける者がいる。償還時に住民税非課税世帯であれば返済免除となるため、経営者や個人事業主が所得をコントロールすれば、返済を免れることが可能となってしまう」(奥窪氏)

 同資金貸付の窓口を束ねる全国社会福祉協議会の担当者がいう。

「膨大な申請があり、性善説に立ち迅速性を優先して審査している。申請すべてを精査するのは困難なのが実情」(民生部)

 不正が堂々とまかり通ってしまっては、正直者が報われない。

※週刊ポスト2021年3月12日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。