マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

渋沢栄一が興して今も残っている会社 150年後の「勝ち組」「負け組」

2021年3月7日 7:00

渋沢栄一はみずほ銀行の前身・第一国立銀行の初代頭取(写真/EPA=時事)
渋沢栄一はみずほ銀行の前身・第一国立銀行の初代頭取(写真/EPA=時事)

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公で、新一万円札の肖像にも選ばれた渋沢栄一は数多くの企業を興した“日本資本主義の父”として知られる。

 明治から大正にかけて約500社の起業に関わり、近代日本の黎明期を支えた渋沢関連企業。その後、分裂や合併を経て、現在もその多くがトップ企業として君臨するが、すべてが好調というわけではない。

 1873年に渋沢が日本初の民間銀行として設立し、初代頭取に就任した第一国立銀行(後の第一勧業銀行)はみずほ銀行の前身だ。しかし、近年の業績ではメガバンク3行の中で後塵を拝している。『経済界』編集局長の関慎夫氏が語る。

「みずほ銀行は財閥系メガバンクとは違い、第一勧業、富士、日本興業の3行が対等という理想を掲げて一緒になった。それが結果的には三すくみの状況を生んでしまった。合併直後のシステム統合問題は象徴的で、3行の中で最も優れたシステムに統合すればいいところを、3行を生かしながら連結しようとして障害が起きた。

 渋沢は公益性を重視したといっても、激しいビジネス競争を否定したわけではない。社内の和を重視する姿勢が仇となった」

 東京海上ホールディングス(以下、HD)の前身の東京海上保険も、渋沢が創立発起人だった。東京海上HDの2020年4~12月期の連結決算(以下、同)で純利益は1127億円で業界トップを走る。

「早くから海外に進出し、外国企業のM&Aにも積極的で、同業他社に比べて海外事業が圧倒的に強い。実業家に転身後、先頭に立って海外貿易を奨励した渋沢の精神に基づいている」(前出・関氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。