マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

新料金プランは4社で一長一短? 乗り換え先に頭を悩ませる人たち

2021年3月3日 16:00 マネーポストWEB

回線、家族割、実店舗サービス…とそれぞれ一長一短?
回線、家族割、実店舗サービス…とそれぞれ一長一短?

 新料金プランは、昨年12月のNTTドコモの発表を皮切りに、ソフトバンク、KDDI、楽天モバイルと、4社の新料金プランの概要がほぼ出そろった。この春、乗り換えを検討するにとって、どのプランを選択するかは悩ましいところだろう。

 ざっと各社のプラン内容をおさらいしてみよう。まずNTTドコモ「ahamo(アハモ)」の先行申し込み件数はすでに100万件を超えているという。当初は月額2980円(税別、以下同)の予定だったが、3月1日に2700円への値下げを発表。通信容量20GB、5分間の無料通話が可能。家族割も実施する。

 KDDI「povo(ポヴォ)」は、通信容量20GBで料金が月額2480円。ただし通話は30秒20円の従量制で、5分間の通話無料を加えれば月額2980円になる。「データ使い放題24時間」「データ追加1GB」を組み合わせることも可能だ。家族割は期間内の加入者のみ対象。

 ソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」は、通信容量20GBで月額2480円と、povoと同じ。5分間の通話無料はオプションで付けることになる。ドコモ、KDDIの2社と大きく異なるのは、「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題という点。契約やサポートもLINE経由だ。

 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」は、どれだけ使っても月額2980円。ポイントは、使用容量によって金額が変わること。1GB以下は月額0円、1G~3GBの場合は月額980円、3G~20GB合は月額1980円といった具合だ。

 こうした特徴を持つ4社のプランだが、はたしてどれに乗り換えるべきなのか、悩ましく思っているユーザーは少なくない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。