マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「長期保存用ミネラルウォーター」は通常商品と何が違う? 各メーカーに聞いた

2021年3月17日 15:00 マネーポストWEB

500mlから2Lまで4サイズ展開している富士ミネラルウォーターの保存水
500mlから2Lまで4サイズ展開している富士ミネラルウォーターの保存水

 2011年の東日本大震災から10年、改めて防災について考える人も多いだろうが、万一の時のための「備蓄」についても見直しておきたい。食料や防災グッズはもちろん、生命線ともいえる「水」は特に欠かせない存在だ。

 ただ、いざ保存用の水を購入するとき、普段飲んでいる通常のミネラルウォーターと、備蓄向け長期保存用のミネラルウォーターとでは何が違うのか、保存のコツはあるのか――。そんなさまざまな疑問について、長期保存水(以下「保存水」)を販売する大手メーカー3社に聞いてみた。

保存水のパイオニア、富士ミネラルウォーターは4サイズ展開

持ち手となる穴は埃などの侵入を防ぐため、開けていない
持ち手となる穴は埃などの侵入を防ぐため、開けていない

 まずは富士ミネラルウォーター。1929年に日本初となるミネラルウォーターを販売した会社であり、保存水についても先駆けとして1971年に発売したパイオニア。「富士ミネラルウォーター 非常用5年保存水」のサイズ展開も500ml、1L、1.5L、2Lと豊富だ。

 同社によると、長期保存水を展開するきっかけは、1965年に山形県で起きた漁船の遭難事故だったという。当時、日本初の備蓄水「救命水」を発売しており、遭難した漁船が備えていたことで、11日間の漂流にもかかわらず奇跡的生還を果たした。

「当時、この遭難事故は大きなニュースとなり、後に船舶には救命水が常備されることが義務づけられました」(同社営業部担当者)

 以降、同社は保存水を次々と展開。500 mlポリエチレン容器を皮切りに、1992年に2Lペットボトル、1997年には500mlペットボトルを発売。20年にはパッケージをリニューアルし、通常商品のデザインをベースにしたラベルに「保存用」を強調した。

【通常商品と非常用保存水は何が違うのか】

 さて、同ブランドの通常商品と保存用とでは何が違うのか。担当者は「原料に関しては同じ水源を使用し、製造工程も変わりません」と答える。通常商品と保存用商品では、中身は変わらないが、ペットボトルの厚みや段ボール、賞味期限の違いがポイントになる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。