マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

子供が独立してからの保険の見直し「払い済み保険」活用で大幅節約

2021年3月24日 15:00 週刊ポスト

子供の独立後は保険見直しの好機(イメージ)
子供の独立後は保険見直しの好機(イメージ)

 4月からの子供の進学や就職で夫婦2人だけの生活が始まる家庭もあるだろう。特に就職などで子供が独立するなら、今まで「もしもの時に家族を守るため」に加入していた生命保険の保障内容を見直す時期かもしれない。

「子供の独立後は、生命保険を“子世代に迷惑をかけないため”の保障内容にシフトするとよい」と助言するのは、総合保険代理店R&Cの金山亮佑氏だ。

「60歳以上で夫婦2人で生活している場合、今後考えるべきは自分たちの『介護費用』や『葬式費用』。そのためのお金を保険を使って残せるようにしておく。逆に言えば、それ以外は整理したほうがいいということです」

 整理する方法としては大きく2つあり、ひとつは不要になった保険の解約。もうひとつは保障内容を減らすことで、解約することなく保険料の払い込みを停止できる「払い済み保険」の仕組みを使うことだという。

「病気や事故などで働けなくなる場合に備える『就業不能保険』は、子育て期間中は重要ですが、子供が独立すれば不要になる。これを解約し、毎月の保険料数千~1万円が節約できます。

 一生涯の保障が続く『終身保険』は万が一に備えるものでもありますが、子供の独立後も保険金を増やす必要はない。保険料支払いが残っているなら、解約ではなく『払い済み』に契約変更しましょう。その分、保障内容は当初より減額されますが、仮に大病を患ったとしても公的保険の高額療養費制度が利用できるので医療面の備えは問題ありません。これで月額数千~1万円程度が節約できます」(同前)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。