マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

87%が衝動買いを経験 脳科学的に分析する「浪費」のメカニズム

2021年3月24日 7:00 女性セブン

ドーパミンが「買い物依存症」を引き起こす仕組み
ドーパミンが「買い物依存症」を引き起こす仕組み

 ひと目ぼれして買ったはずなのに、たんすの肥やしになっている服や靴。安いからといってたくさん買ったはいいものの、使い切れそうもない食材……ムダづかいして後悔することは、誰しも経験があるだろう。実はそれ、「ムダづかい脳」のせいかもしれない?

 脳科学者の杉浦理砂さんが言う。

「国内のある調査では、消費者の87%は、計画的ではない購買(買うつもりのなかったものを買うこと)をしているという結果が出ています」

「日本人の9割もの人が浪費家なのか」と驚いてしまうが、実はその原因はわれわれの「脳」にある。脳神経外科医の菅原道仁さんが解説する。

「脳の重さは、大人でも約1400gに過ぎません。しかし、脳は人体で最もエネルギーを必要とする臓器。脳が1日に消費するエネルギーの量は、体全体が使う総エネルギーの20%にもなります。

 そのため、脳は少しでも省エネするために、反射や直感で物事を判断したり、重大な決断を先送りしたりするようにできている。しばしば魅力的なキャッチコピーなどにダマされて、理性が働かず、“欲しい”“素敵”“食べたい”といった本能的な判断で買い物をしてしまうことになるのです」(菅原さん・以下同)

「割引」「タイムセール」「人気商品」などの文言が添えられていると、つい買ってしまうのはこのためだ。

その「欲しい!」は脳がダマされているだけ

「本当はいらないのに、気づかないうちに脳が誘導され、さも“いますぐ必要”“買わないと損”と思い込んでいる状況は、『認知バイアス(認知のゆがみ)』がかかっているといえます」

「この服、30%オフだわ」「あの店員さんが着ている服、素敵」……そう思ってレジに向かった時点で、その購買欲にはすでに認知バイアスがかかっており、買ってもムダづかいになる可能性が高い。

 なぜなら、その服の魅力は、「30%オフにしている店」「着ている店員」が“演出”したものであって、あなた自身は本心ではその服に必要性を感じていないからだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。