マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

87%が衝動買いを経験 脳科学的に分析する「浪費」のメカニズム

2021年3月24日 7:00 女性セブン

 もちろん、3Bを起用したものにも本当によい商品はあるが、美男美女、子供、動物を使って宣伝されているものは、警戒しておくに越したことはない。

「こうした“罠”にかからないようにするには、常に『クリティカルシンキング(批判的な思考)』を持っておくことが大切です。“美人女優が持っているから素敵に見えるんだわ”“この猫の柄はかわいいけれど、もし汚れたら台無しね”など、冷静な視点を持つことをクセづけるといいでしょう」(杉浦さん)

【「ムダづかい脳」を叩き直す4つの法則】

●「安いから」「流行っているから」ではなく、「〇〇するときに必要だから」と、自分が主体になっているか確かめる。
●広告やPOPには、常に批判的な目を持つ。
●3B(美人、子供、動物)を使った広告には特に気をつける。
●買い物は日中に済ませておく。

※女性セブン2021年4月1日

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。