マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニの「まぜそば」食レポ ジャンクガレッジコラボの評価は?

2021年3月28日 15:00

ローソン『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』(左)、ファミリーマート『油そば』(右)
ローソン『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』(左)、ファミリーマート『油そば』(右)

 ラーメン、つけ麺に続く存在として、すでに定着した感のある「汁なし麺」。「まぜそば」や「油そば」という形で、呼び方やスタイルは様々だが、タレと具材と麺を絡めて食べる中華麺が人気となっている。

 そんな「汁なし麺」は、コンビニグルメの世界にも進出中だ。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏は、こう話す。

「すでに数年前からコンビニでは、汁なし麺が商品化されていて、特に『汁なし担々麺』は定番になりつつあります。さらに、豚骨魚介系のまぜそばや、醤油系の油そばなど、バリエーションも豊富です。そして、なんといっても、この3月には、まぜそばのジャンルを日本中に広めたと言われるラーメン店『ジャンクガレッジ』とのコラボ商品がローソンで発売されました。これで、いままで以上にコンビニまぜそばの注目度も高まりそうです」

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、この3月にローソンとファミリーマートで発売された“汁なし麺”を実食し、その魅力に迫った。

インパクト大なジャンクガレッジコラボまぜそば

ローソン『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』
ローソン『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』

 ローソンで3月16日に発売されたのが、『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』だ。価格は598円(税込み、以下同)。カロリーは913kcalとなっている、また、容器をのぞいた総重量は実測値で497gだった。

 ジャンクガレッジで販売されている「まぜそば」をコンビニのチルド商品として再現したこのまぜそば。濃厚な醤油ダレに、太麺とたっぷりの具材を絡めて食べる。

ローソン『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』、レンジで温める前
ローソン『ジャンクガレッジ監修 まぜそば』、レンジで温める前

 具材は、茹でたキャベツ、茹でたもやし、茹でた小松菜、チャーシュー1枚、フライドオニオン、フライドガーリック、ニンニクと背脂を炒めたもの、海老風味のマヨネーズソース、揚げ麺(ベビースター)、卵黄(加工品)。さらに、あらびきコショーの小袋が2つ別添されている。

「見た目からしてかなりのインパクトです。レンジで5分ほど温めて、蓋を開けた途端にブワッとニンニクの強い香りが立ち込めます。これは、好きな人にはたまりませんね」(記者A・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。