マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ3社の「とんこつラーメン」食べ比べ スープの進化が凄い!

2021年1月31日 15:00

セブン-イレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』(手前)、ローソン『博多一幸舎監修 博多豚骨ラーメン~肉盛~』(奥左)、ファミリーマート『炊き出しガラスープの豚骨ラーメン』(奥右)
セブン-イレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』(手前)、ローソン『博多一幸舎監修 博多豚骨ラーメン~肉盛~』(奥左)、ファミリーマート『炊き出しガラスープの豚骨ラーメン』(奥右)

 様々な種類があるご当地ラーメンのなかでも、濃厚な豚骨スープに細麺という組み合わせで、全国的な人気となっているのが博多とんこつラーメン。大手コンビニ3社も、それぞれが独自の「とんこつラーメン」を販売している。

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートで販売されているとんこつラーメンを実食。その率直な感想をレポートする。(商品は、全て2021年1月25日時点で東京都内で販売されているもの)

有名店「一風堂』監修のセブン-イレブン

セブン-イレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』
セブン-イレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』

 セブン-イレブンで販売されているのは、『一風堂監修 博多とんこつラーメン』。価格は496円(税込み、以下同)。カロリーは516kcal。麺、スープ、具などを含めた総重量(容器を含まない)を実測したところ、490gだった。

 全国に125店舗を構える人気ラーメンチェーン「一風堂」が監修したとんこつラーメンで、具としてチャーシュー1枚、きくらげ、もやし、青ネギがトッピングされている。さらに、「香辛料ミックス」という調味料が別添されている。容器は麺とスープが分かれていて、レンジで温めた後に、麺をスープの中に入れるタイプだ。

「まず、驚いたのがスープのクオリティーの高さです。濃厚でコクもあって、とんこつの風味も効いている。かといって、とんこつ特有の“臭さ”はあまりなく、とても食べやすい。むしろスッキリしているという印象で、全部飲み干せるくらいです」(記者A・以下同)

 きくらげが程よいアクセントを生んでいる。

「きくらげがピリ辛の味付けになっていて、そのタレがスープに溶けて、適度味変を楽しめます。別添の香辛料ミックスとともに、食欲をそそってくれます。

 麺は細麺で、完全なストレートではなく縮れ気味です。通常の博多ラーメンとはちょっと違う雰囲気で楽しめます」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。