マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

大戸屋が「安く、早く」改革 大幅値下げと提供時間短縮で何が変わるか

2021年3月30日 15:00

100円値下げされた大戸屋の『豚の生姜焼き定食』
100円値下げされた大戸屋の『豚の生姜焼き定食』

 2020年11月にコロワイドグループ傘下となった定食チェーン『大戸屋』がこの3月から、新しいグランドメニューの提供を一部の直営店で開始した。6月までに全国の店舗で導入する予定だという。

 今回のメニュー改定では『豆味噌デミグラスソースのハンバーグ定食』(940円、税込み、以下同)や『牛プルコギの彩りサラダボウル定食』(890円)などの新メニューが登場しているが、それ以上に目玉となっているのが、いくつかの既存メニューの値下げである。

 たとえば、定番の『大戸屋ランチ定食』は790円から50円値下げされ740円に、『さばの炭火焼き定食』も50円の値下げで890円から840円となった。さらに、『豚の生姜焼き定食』にいたっては、890円から790円に100円も値下げされている。一方で、820円から840円になった『ばくだん丼』など、値上げとなったメニューもあるが、全体では平均して20円ほどの値下げとなっている。外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏は、こう話す。

「外食チェーンで値下げをするということ自体が珍しいのですが、なかでも『豚の生姜焼き定食』の100円値下げには驚きです。材料やボリュームの見直しもあるとは思いますが、それでも思い切った値下げであることは間違いないでしょう。また、豚の生姜焼き定食というと、どの定食店でも提供されている定番メニューであり、100円値下げしたとなれば、それなりに販売数も増えるのではないでしょうか」

 とはいえ、大戸屋の『豚の生姜焼き定食』の790円という新価格は、他のチェーンと比較すれば、とりわけ安いわけではない。例えば、定食チェーン『やよい軒』の『しょうが焼定食』は640円。しかもこちらはご飯のおかわりが自由となっている。

「大戸屋の場合、ご飯の大盛りは自由ですが、おかわりはできない。何杯もごはんを食べたいというなら、やよい軒のほうがお得です。ただ、やよい軒では『もち麦ごはん』への変更がプラス30円、『もち麦ごはん』の大盛りがプラス80円ですが、大戸屋では五穀米変更も、五穀米の大盛りも無料です。このあたりは差別化していると言えます」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。