マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

物置になりがちな元・子供部屋 子供の独立後はどうすべきか

2021年4月2日 15:00

元・子供部屋を物置代わりするのではなく、自分たちのために有効活用を(イメージ)
元・子供部屋を物置代わりするのではなく、自分たちのために有効活用を(イメージ)

 まだ働き続けるのが当たり前の時代とはいえ、60歳は大きな転機だ。年金受給が始まる65歳までを食い繋ぐために、再雇用などで会社勤めを続ける人は多い。

 慣れ親しんだ職場で働けることをメリットと感じて選択しがちだが、元部下が上司になるなど、社内の人間関係で複雑な思いをする場面もある。ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏はこう言う。

「安定した収入だけを考えれば、再雇用はいい選択肢ですが、バリバリ働くわけではない60歳以降は、心理的な満足も大切です。収入が減ることを覚悟したうえで退職して、新しい環境に身を投じたほうが、充実した生活を送れることはあります」

 戸建てのマイホームの行く末も、考えておきたい時期になる。子供の独立後、整理するタイミングを逸して子供部屋を物置代わりにしてしまうケースは多い。生前整理アドバイザーの水野久美子氏はこう助言する。

「子供は『適当に整理してくれ』くらいに考えているものなので、親が主導すると良い。帰省に合わせて箱を用意し、『これに収まるだけ大切な物を入れなさい』と言えば、不用品が片付きます。その後は子供部屋を改装して趣味の部屋にするなど次のステージに移るチャンスにできます」

 夫婦2人暮らしに相応しい規模の住宅に住み替える選択もある。

「戸建て住宅は築20年を過ぎれば価格が下げ止まるので、それ以降は急いで処分する必要はありません。

 ただ、年数が経つといろいろとガタがきます。毎年の出費で考えると、固定資産税のほかに維持費がかさむことになる。10~15年ごとに外壁の塗り替えや給湯器の交換・リフォームが必要になります。エアコンなどの耐久消費財の買い替えも付き物。それらの維持費用としては10年で200万円は見積もっておく必要があります」(森田氏)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。